Ritsumeikan LEIS GP web

LEIS GP web

BRIGHT IDEAS. NICE DESIGNS.

ubccampus2.jpg

| HOME | Study Abroad | tesol |

TESOL Programs

言語教育情報研究科では、2003年よりカナダのUBCとの間で、Joint-TESOL Certificate Program を実施してきています。2008年度からは、UBCにおける2年間にまたがるプログラムには勤務の都合などで参加できない院生のために、短期で取得できる別種のスキームのTESOLプログラムをオーストラリアで実施することになりました。

詳しくはこちらLinkIcon

TESOL at UBC (1年次)

rits_house2.jpgRits-UBC House このプログラムは、大学院1年目には夏期を利用してUBCキャンパスで5週間の集中講義を受講し、2年目には、本学で UBCの教員(本学の客員教授)の講義を受講し、また本学附属高校である立命館宇治高校での20時間の実習授業(プラクティカム)を行うことにより、2年間で合計16単位を取得した者に本研究科とUBCが、共同でTESOL 認定証を授与するというものです。このプログラムには、現職教員を含む本研究科の院生が、毎年10名前後参加しています。

TESOL in Kyoto

2年次科目とプラクティカムを立命館大学と附属宇治高等学校で受講

suga_sengoku.jpgTESOLプログラムの2年目は、UBCからの客員教授による授業と実習指導が行われます。授業実習は、立命館宇治高等学校で7日間、20時間かけて行われます。生徒はSELHiコースの高校2年生で、授業はすべて英語で運営され、最終日には生徒が自分たちの選んだテーマで準備した英語でのプレゼンテーションを行います。指導する院生は、テキストを基にした指導案の作成から、生徒への個別指導、作文の添削など授業運営のすべてを自分たちで企画します。